【評論】エチオピア航空の墜落事故について~B737MAX8型機の安全性は大丈夫か?(2019/3/14更新)

【評論】エチオピア航空の墜落事故について~B737MAX8型機の安全性は大丈夫か?(2019/3/14更新)

2019年3月14日 フライト搭乗記 旅ガイド 2

ニュースをみて、びっくりしたし、ショックを隠しきれない。事故に遭われた皆様にお悔やみ申し上げる。

CNN.co.jpニュース】エチオピア航空の旅客機(LifeIsTravels注:ET302便)が3月10日、同国の首都アディスアベバの空港から飛び立った直後に墜落し、搭乗していた157人全員が死亡した。墜落したのは、昨年10月にインドネシア沖で墜落事故を起こしたライオン・エアーの旅客機と同型の米ボーイング最新鋭機「737MAX8」だった。

ついこの間、ソウル行きの成田発着便に乗ったばかり

2019年1月のソウル行きで搭乗したばかりのET機体(B787)(筆者撮影)

アフリカ大陸の旅行などで、日本人も多く利用するはず。

実は同型機は最新鋭航空機ボーイング737MAX8であり、同様な事故は二件目。昨年10月は同型機のライオンエアが墜落したばかり。

2019年1月に搭乗したET機体(筆者撮影)

ニュースで見る事故原因はいずれも失速による原因とかなんとか、、、。出発して6分経過してすぐデータから消えたとか。事故機の機齢わずか4ヶ月で、昨年の11月に納品したばかり。というか極めて新しい機体。

最新鋭機が立て続けに墜落したとなると、今後納入する航空会社もいやだろうし、搭乗する人達は心配でならない。

機内エンターテインメントは多言語で表示(筆者撮影)

人的原因、または物理原因なのかをいち早く解明して欲しい。短い期間だし、安全性に疑問強まる。半年足らずですぐの事故になる。

ANAは同型機を注文して、2021年に30機の納入を予定している…。

こういった事故が発生したときに、航空機製造会社と航空会社で必ずもめる。でも一番の無念は搭乗者とその家族である。

ソウル空港で出発待つET機体(筆者撮影)

ET便のB787機内様子(筆者撮影)

B737 MAX 8型機の安全性について

エチオピア航空機の墜落原因が、同機の不具合だったのか、人為ミスだったのか、またはそれ以外の問題があったのかは現時点で分かっていない。

しかし、B737 MAX 8型機の信頼性についての疑問視は既に浮上している模様だ。

本日、中国当局はボーイング737MAX8型機に運航中止命令を通達した。この措置は誠に正しくて、ほかの国もはやくこういう命令を出して欲しい。今回のエチオピア航空機には中国人8人が含まれていた。

筆者は、後1ヶ月でタイのライオンエアの同型機に搭乗予定をしている為、不安になってきて仕方ない・・・本当に早めに解明して欲しい。

ボーイング最新鋭機、半年足らずで2度目の墜落 エチオピア機事故

ボーイング737MAX8の信頼性に再び注目、エチオピア航空機の墜落で

中国政府、ボーイング737MAX8の運航停止 エチオピアの墜落受け

2019/3/12追記】今現在、737MAX8型機の運航停止を発表したのは、中国に続き、エチオピア、南アフリカ、インドネシアおよびケイマン諸島の航空会社各社。また、韓国当局も同国のLCCイースター航空(Eastar Jet)の運航する737MAX8型機2機の検査を命じた。

【2019/3/13追記】今現在、アメリカ(カナダ一部を含む)を除き、ほぼ全世界にて737MAX8型機の運航停止を取り決めた。その数は当機を導入した航空会社の4分の3までにのぼる。>>現在運航を停止している地域及び航空会社の情報まとめ<<

【2019/3/14追記】本日、カナダとアメリカも運航停止を決めた。墜落現場から見つかった新たな証拠や、衛星データの解析結果に基づいたものとしている。これで全世界の737MAX型機がSTOPとなった。その”お陰で”、筆者が来月に搭乗予定のタイ・ライオンエア便がキャンセルされ、間接的な被害者となった。

【LifeIsTravels.com専属ライター Shin】
本記事最初作成日:2019/3/11、最後更新日:2019/3/14

 

2件の返信

  1. アバター 岡林 より:

    乗らない方がいいですよ。
    今回のフライトコントロール関連の事故なら絶対。数万円捨ててでも。

    • Kaito Kaito より:

      岡林さん、そうですね!僕も乗りません、たとえ運航停止命令が出されなくとも!
      今回の件はアメリカの決定が遅すぎる位だと思います。昨日までに無理やり飛ばし続けようとしていた態度に少し怒りを覚えていました。
      LifeIsTravels.com管理人Kaito

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です